スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月26日(土)ゆうちゃんケージから脱走 おとうさんの手術 & 3月27日(日)ゆうちゃん無事に捕獲&手術 おとうさん一時預かり様宅へ

2011.06.09 02:26|ゆうき・おとうさん 2011.03
3月26日(土)

おとうさんが、無事 捕獲器に入ってくれて、朝、家に到着した日。

16:30に
おとうさんと ゆうちゃん を 去勢手術に連れて行く予定だった。

おとうさんは、
既にキャリーに入っているので、そのまま 保護部屋で待機してもらっているから大丈夫。

問題は ゆうちゃん。
ケージからキャリーに移すことなんてできるんやろか・・・。

普通は、段ボール箱を置く時、
ケージのドアの方に 箱の入口を向けると思うけれど、
段ボール箱を入れる時に、向こう向きに置いて、
落とさないように、養生テープで留めていた。

教えていただいたように、箱ごと洗濯ネットに入れられるかなあ
大丈夫かなあ・・・ と思いながらも、なかなか準備をせずにいた。

お昼になってから、大きな洗濯ネットを買いに走った。
シーツ・毛布用の、
普通のネットのを、二重にして使うかも・・・と2つ、目の細かいものを1つ。
なんでも、多めに買ってしまうのも私の性格。

なかなか買いに行けていなかった、
もう1つの、犬用のリードと首輪も買いに行ってから帰宅。

静かに気合を入れて、保護部屋に入った。

ゆうちゃんが 慌てて段ボール箱の中に入ったので
普通の方の洗濯ネットをひろげて、
ケージのドアを開け、段ボールの下の方から
ゆっくりと、慎重に、ネットを上げていって
箱の入口の方からネットをあてて箱ごと入れようとした時に、
ゆうちゃんが 気付いて 箱から跳び出した。

ネットの中に落ちるようにして入ったけれど、
ドアから片腕を入れている状態だったので、
ファスナーを閉める前 というか 開いている口を手でふさぐ間もなくネットから脱出。
棚板を行ったり来たりしたり、天井や壁に跳びついたり、
壁にぶら下がるようにしてケージの中を激しく逃げ回った。

ああ・・・ やっぱり どんくさい私・・・。

これは、もう私1人では無理と判断。
同じマンションの、昨年まで猫さんと暮らしておられたNさんに連絡して
助っ人をお願いしたら快く引き受けて下さって、その20分後
15:00くらいに家に来て下さった。


キャリーを半分中に入れたり、
タオルでくるんで捕まえようとするけれど、
ゆうちゃんは、やっぱり激しく逃げ回るので捕まらない。
ケージの中に腕を入れてるスペースも限られているためもあるのか
どうもうまくいかない。

お鼻を怪我して、爪の間、指先から血が出ている。


「もう今日は諦めて、おとうさんだけ連れて行くことにするわ。」

そう言って、ケージのドアを閉めた時、
慌ててパニックに陥っていた ゆうちゃんが
結束バンドで補強してあったのにもかかわらず、
なおちゃんとゆかちゃんのいるケージ寄りの
天井と壁との角の隙間から顔を出していた。
駆け寄ると、上半身が出てきて、あっという間にその角を突き破って脱出。
まず、なおちゃんとゆかちゃんのいるケージの上へ逃げて、
窓側を向き、座ってから、脚をなめていた。

最悪や~。 頭の中は、もう 真っ白・・・。

この時、既に15:49。

後になって、
顔を出した時に、すぐにキャリーの入口をそこにあてたら 中に入ったかも・・・
と思ったけれど、とっさに とてもそんなことはできなかった。

そのケージは、
vit.さんからお借りしている、家に迎えさせていただいた子も使っていたもので、
予め、結束バンドであちこちを補強していたけれど、
天井や壁に跳びついてはしがみついたりして、激しく逃げ回った時に、
段ボール箱を載せていた上の段の棚板が外れて落ちてしまったために
強度が落ちて、隙間が開いたのだと思う。
最初に購入されて、その後、大勢の子たちがその中で過ごし、
温かいお家へと出発したという大切なケージを壊してしまった・・・。


とりあえず、
ゆうちゃんは ケージから脱走してしまって捕まえられないので、
おとうさんだけをつれていくことを連絡。

16:00過ぎに、大慌てで家を出て、おとうさんを手術に連れて行った。


着いて、もう一度、ゆうちゃんがケージから脱走したことを伝えたら、

「捕獲器で捕まえる?」 と言われ、
「前(通路で捕獲した時)と違うタイプの方がいいでしょ?」ということで、 
吊り下げ式ではなく、踏み板式の捕獲器を、使い方を教えていただいてお借りして帰った。

部屋の中で捕獲器をかけることには なるほど~ と思いながらも
なにしろ この どんくさい私のこと、
ちゃんと入ってくれるかなあ。 
入っても、入口を留めに行く前に、脱出してしまわへんかなあ。 
やっぱり心配になる。(自分に自信がないので、そういうところは心配症。)



**********
おとうさんの、
ウイルスチェックの結果が出るのを待った。
エイズ 陽性(キャリア)、白血病 陰性。

初めて逢った時、おでこに怪我をしていたので、その時に感染したのかも・・・。
やっぱり、おとうさんが その身をもって、みんなを守ってきたんやなあ 
と 改めて思った。


レボリューション、3種混合ワクチン、爪切りもお願いした。
年齢は2-3歳。
歯の先が尖っているので、若く見積もって2歳くらい ということ。

お顔が幼いと思ったら、やっぱり若かったんやね。
まだ自分も子どもやのに、みんなを守ってきたんやね。

どよ~ん とした気持ちは否定できない帰り道、
友達に電話して、ゆうちゃんの脱走事件以降のことを報告した。
おとうさん ひとりだけを 大事にしてくださる方をみつけたいなあ と話す。

体重は、手術に連れて行く前に、キャリーを持って体重計に載って測り、
キャリーを持った私の体重を引いて計算したら、4.7kgくらい。
思っていたよりも軽かった。

お迎えは明日の朝。
**********



18:00頃 帰宅

この晩は、保護猫たちのご飯を早めに用意することにした。

ゆうちゃんは、本当は今日、手術だったので
朝ご飯を抜いているから お腹が空いているはず。


保護部屋に入ったけれど、ゆうちゃんの姿は見えない。
箪笥の後ろの隙間にいるのか・・・。


19:00頃
なおちゃん、ゆかちゃん、まおさん のご飯と、
ゆうちゃんを含む4匹のトイレ掃除をする。

続いて、他の子たちに見られないように、廊下で
捕獲器の踏み板の奥に、紙を敷いてから 
捕獲のときにいつも使った、カツオの塊(焼きあご味)、匂いの強いカリカリを、
その夜、まおさんたちにあげた、鰹節入りの缶詰、プラス 鰹節を、 
踏み板の手前には、サランラップを敷いて、その上に
入口側から誘導するように、匂いの強いカリカリと鰹節を少しずつ置いてセットして
何度もちゃんと作動するかを確認してから、上に毛布をかけて準備。

他の子たちから見えないように、そ~っと保護部屋に持って入り、
ゆうちゃんが使っていた3段ケージの手前、
そのケージと保護部屋の引き戸との間に、
下に新聞紙を敷いてから、上に毛布をかけた捕獲器を置いた。

みんな、もしも見えても、絶対にゆうちゃんに言わんといてや~。
と心の中でお願いしてから、電気を消して、部屋を出た。


暫くして、何度か ドンドン という音がしたので
その度に保護部屋を覗きに行ったけれど、ゆうちゃんが出てきている気配はなかった。



3月27日(日)

午前1時半頃、気になって保護部屋を覗くと
ゆうちゃんが なおちゃんとゆかちゃんのケージの上に出てきていたので、
運を天に任せることにして、保護部屋の横ではなくて、いつも通りに リビングで寝た。


猫たちが来てから、ストレスのせいか下痢をしていた家の子たちのうちのひとりが
午前6時半にまた下痢でトイレに行った時に目が覚めて、
保護部屋を見に行ったら、ゆうちゃんが 捕獲器に入っていた!


今回は、他の子たちが、全員 ケージに入っていてよかった と思った。
もしも全員が部屋で自由にしていたら、
なおちゃんかゆかちゃんが先に入っていたと思う。

まおさんのご飯の下に敷いているペットシーツが
ケージの外に引っ張り出されていた。
すぐに食べに降りないまおさんのご飯をゆうきが狙っていたみたい。
ドンドン という音は、まおさんのご飯をケージの外からとろうとしていた音かな。

捕獲器の上にかけていた毛布は、捕獲器の中に引き込んでいた。
焼きかつお も、全部食べていないし、
缶詰もカリカリも鰹節も散らばっている。
他の子たちもやっぱりそうだった。
捕獲器に入ると、パニックに陥ってしまって
もうとても食べるどころではなくなるのかも・・・。


10:00過ぎに、ゆうちゃんを去勢手術に連れて行く。


入れ替わりで、おとうさんをお迎え。
知らない場所でひとりでお泊り、偉かったね。 


一時預かり様が迎えにきてくださって、その方のお家に出発した。
おとうさんは、すぐに あみさんと同じ部屋に入れてくださって、
1ヶ月振りに おとうさんとあみさんが再会した。

一時預かり様には噴くけれど
あみさんとはもちろん、他の子たちともすぐに馴染んで一緒にいるとのこと。
通路でも、おとうさんも あみさんと同じくらい控え目やったもんなあ。

*****
3月31日(木)18:20
お父さんやっぱり 私には フーッ て言うけど
みんなには言わんと 一緒にいはるし 安心してな。
そのうちに写真送るわな~
*****
と いうメールが届いた。 ひとまず ほっとした。


12:20頃
ゆうちゃんの手術が終わったと連絡が入り、
夕方 お迎えに行くことになった。

**********
ゆうちゃんは、
1歳未満。 2010年春 5-6月生まれくらい。
エイズ、白血病 ともに 陰性。
レボリューション、3種混合ワクチン、爪切り済み。


帰宅後、やっぱりキャリーを持って体重を測り、
キャリーと私の体重を差し引くと、3.6kgくらいだった。
昨夜から食べていないので、普段はもう少し重いくらいだと思う。
**********

ウイルスチェックでは、おとうさん以外は全員、陰性だった。
やっぱり、おとうさんが ひとりで みんなを守ってきたんやね・・・。
まだ若いのに、まだまだ子どもやのに
「おとうさん」 の役割をしっかり果たしてきたんやね。


これで、やっと
全員の手術と1回目のワクチン、レボリューション、ウイルスチェックが済んだ。



ゆうちゃんは、もう、あのケージには入れられないので・・・

本当は、ふたり一緒のなおちゃんとゆかちゃんを
elilim さんから送っていただいていた3段ケージに移して
ゆうちゃんには2段のプラケージに入ってほしいけれど、
無事に移せる自信がないので、
ゆうちゃんにひとりでその3段ケージに入ってもらうことにする。


14:00過ぎ頃
またNさんに来ていただいて、その3段ケージを一緒に組立て、
あちこちを念入りに、結束バンドで補強した。

また、これも、まおさんの入っているケージと同様に、
棚板は、どちらもドアのない方に取り付け、
2段目と3段目のドアは、跳びついた時のために開かなように結束バンドで留めて補強、
1段目のドアも、鍵を開けないようにテープで留めることにした。


16:00頃
ゆうちゃんをお迎えに行く。

家に到着。

お鼻の怪我が痛々しい ゆうちゃん。
2011.03.27-1
捕獲器で怪我したのは治りかけていたのに、昨日の午後、ケージの中で逃げ回った時にまた怪我してしまった。

昨日までゆうちゃんが入っていた 幸せのケージ。
2011.03.27-2
解体し始めてから、その途中に記念撮影。


なおちゃん & ゆかちゃん
2011.03.27-3


2011.03.27-4

この夜は、まおさんの写真を撮っていなかったみたい。


この日は、家の子のうち
ひとりは 何度も下痢、ひとりは 軟便、もうひとりは吐きだし窓と脱走防止のネットの間に吐いて、
トイレ掃除と拭き掃除、消毒に時間がかかった。
スポンサーサイト
| 2017.03 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
出逢いを待っている子たち

まお バナー まおちゃん 里親様内定しました。 なお バナー なおちゃん ゆか バナー ゆかちゃん ゆうき バナー ゆうちゃん      写真をクリックして紹介頁を見てね。

出逢いから保護 & 募集に至るまでの経緯

プロフィール

ramby

Author:ramby
京都市在住の「保護・里親様探し」&ブログ 初心者です。
2歳、2ヶ月半、5歳で迎えた、超ワルのキジトラトリオ(親分、びびりさん、豪快娘)と、いつかまたキジトラカルテットになるために戻ってきてくれる、1歳半で迎え、白血病キャリアで2009年7月21日5歳前で亡くなった大切な写真の子(ジル)と、毎日、ばたばたと楽しく暮らしていたところ・・・
思いがけず、おちびに出逢って、初めての保護。部屋分けをして「ななにん」と暮らすことになり、さらにドタバタの毎日になりました。
どうぞよろしくお願いいたします。

保護によって、「仲良し家族がみんな一緒」の生活を変えることになりました。全員が、人間の家族の温かな笑顔と愛情に包まれて幸せな毎日を送れる日まで頑張ります。

何もかも初めての連続で、戸惑いながら試行錯誤の毎日です。どんなに小さなことでもアドバイスいただければ嬉しいです。

保護後も、快適とは言えない環境の下で一生懸命に生きてきた日々やこの子たちの変化も順を追って見ていただきたくて、遅れながら書いております。

* 時間の経過順に 「カテゴリ」 に分類しておりますので、そちらからご覧いただく方が分かりやすいと思います。

* 内容に関係のないコメント等は、私の判断で表示させずに削除させていただきますのでご了承ください。 

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

大切なこと

dassouboushisaku_banner

Kitchen Cat *キッチン キャット*
ハーフチャリティショップ

No Fur banner

FC2カウンター

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。