スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月27日現在の状況

2011.02.27 20:52|状況報告 2011.02 & 04
このブログを見てくださり、応援してくださっている皆様へ

ご心配をおかけしながら、ばたばたしておりまして、
なかなか更新できず申し訳ありません。

おちびと偶然出会い、この子たちの存在を知ることになったのは
野良の子として生まれ、1歳半までお外で暮らし、
心無い人たちに蹴られてきた、
一昨年、迎えて僅か3年4ヵ月後に5歳前で亡くなった、
プロフィールの写真の子が教えてくれたのではないかという気がして・・・。
元々は、私の我儘から始まったことです。

それにも関わらず、
暖かいコメントや応援のメッセージ、メールをいただき、
本当にありがとうございます。
また、リンクを貼ってくださったり、ご紹介いただいたり
オフラインでも、相談にのっていただいたり
励まし支えていただいて・・・
感謝の気持ちでいっぱいです。

母子ともに保護していただいたからこそ、出逢え、家族になれた、
母猫だった子が家にもおります。
今は、甘えん坊の少女に戻って、毎日、他の子たちと一緒に走り回っています。


不安だらけで押しつぶされそうになってこの場所に行くのですが、
並んで仲良くご飯を食べている姿を見ていると
この子たちが 離れ離れになるのは、
全員に暖かいお家が決まって幸せになる時だけ。 頑張ろう! 
と思う、その繰り返しです。


25日(金)に、2度目の捕獲を試みましたが、
その日は、成果がありませんでした。
1番に入ってくれそうな気がしていた 茶白お父さんとチャトラ君がまだです。
どうか あの場所から動かずにいてほしいと 祈りながら
ご飯を運んでいます。
24日(木)には、2匹揃って駆け寄って来てくれた2匹が
昨晩、26日(土)は、チャトラ君しかいなくて、いつもと違う容器だったせいか
それとも、ひとりだけだったので不安だったのか
換気扇の所で見ているだけでした。

今晩は、2匹一緒に食べにきてくれることを願っています。


2月23日(水)に保護できた4匹の子たちは、
24日(木)に去勢・避妊手術、ワクチン、レボリューション、血液検査を済ませ
2月26日(土)の夜中過ぎから家におります。
術後の抗生物質の投薬もありますので、
1匹ずつ別のケージ(1段のケージも2つ使用)に入ってもらっています。
いつも寄り添っていた子たちですが、
今は、メンバーも揃わず、それぞれが限られた空間の中で
これまでのようにくっついて寝ることも出来ず、不安な時間を過ごしています。

自分たちの陣地から離れて家に入ると勝手が違い、
また、猫たちの関係も変わると思いますので、
少しずつ慣れてもらいながら、様子を見ていきたいと思います。
猫たちとの関わり方など、アドバイスをいただけましたら幸いです。


これまでの経過は近日中にアップさせていただけると思います。
いただきましたコメントにも、追って、お返事させていただきます。
温かいお気持ちに対して本当に失礼なことをしており、申し訳ございません。


ramby

スポンサーサイト

捕獲に向けての打合せとご近所へのお知らせの作成 &経過 2月15日-2月20日

2月15日(火)

捕獲と搬送でお世話になる「京都どうぶつあいごの会」の喜多村さんと
通路前で待ち合わせて、現場を見ていただく。
私が着いた時には、
ハチワレおちびとさびが、換気扇の所で仲良くお昼寝をしていた。
喜多村さんが到着され、鉄柵門の開閉の確認をなさった音で
さびは奥に隠れたが、おちびはその場でこちらを見ている。
2011.02.15

「狭いなあ・・・。」

北側の通路から奥も見ていただく。
猫たちならもう少し北側にも行けそうな感じである。

写真を撮られ、捕獲器を置く場所を確認していただいた。
いよいよ来週は捕獲。 

21:35-22:15

5匹。 
2011.02.15

捕獲に向けてアドバイスをいただき、
今晩は、小さくちぎった焼きちくわもご飯の上に載せて
食べさせてみる。



2月16日(水)

隣の飲食店2軒と、両隣のマンションにお住まいの方への
猫たちのことと捕獲日程等を記載したお知らせを作成。
週明けくらいにポストに投函することに決める。

21:15-22:05

6匹。 

まず、5匹が駆け寄ってきて、みんな一緒に食べる。

2011.02.16

ハチワレお姉ちゃんが遅れてやってくる。

お母さんが、
「早く、早く!」と言うように、横について小走りでまた戻って来る。



2011.02.16
お姉さんが遅れてやってくる。

2011.02.16
みんな、換気扇のフードの所に集まって
寄り添いながら、こちらを見ている。
みんなの目が光ってるからわかる・・・。本当に仲良しやね~^^・

ハチワレおちびが鉄柵のこちら側に出てきて、
澄ました顔をして歩道を見ている。
危ないから出たらあかんよ!

入れ替わりやって来てまた食べる。
お姉ちゃんが最後まで舐めつくす。
食べ終わっても、少し奥に戻って、じっと見つめている。

奥に戻ったみんなも見つめている。きっと、みんな揃ってここを脱出しようね。

明日の晩も必ず来るから、待っててや! と何度も繰り返し
いつものように、投げキッスをして帰る。

アホな自転車乗りが、車道を走るバイクと競争して歩道を
猛スピードで、「今、何キロ~?」 と大声で叫びながら通り過ぎる。
こういうアホがいるから歩道が安全な場所でなくなってしまった。
飛ばすなら車道を走って! 本当に危険な場所・・・


2月17日(木)22:20-22:50

3匹。お父さん、チャトラ、ハチワレおちび。

夕方から降り出したらしい雨が本降りになっている。
ご飯にアガリクスもいっぱい混ぜて準備万端で来たけれど・・・。
お父さんだけ換気扇の所にいるけれど、雨に濡れるのが嫌で
そこからじっと見つめている。
近くまで来るかそこでまた見つめている。
ご飯に雨が入る。
2011.02.17
あきらめて帰ろうかとも思ったけれど、やっぱりもう少し粘ってみることにする。

チャトラが通路の隅から姿を現して自転車置き場に入る。
2011.02.17
今晩は、鉄門の下から容器を半分差し入れた。

通路で お父さん 続けてちびも加わって一緒に食べる。
2011.02.17

チャトラと お父さんとおちび 容器を順番に置き換えて、交互に食べてもらった。
ガスメーターの下に置いたりもしたけれど、やっぱり濡れるね・・・。

換気扇の温風でしっかりと身体を乾かしてね。
明日の晩も必ず来るから と何度も繰り返し、投げキッスをして帰る。

雨、お願いやからやんで!!!
明日は晴れますように。 みんな揃っていてくれますように。



2月18日(金)21:45-22:40

5匹。 お姉さんがいない。
2011.02.18

この夜は、もういいのかなあ と思い 片付けようとすると、
チャトラ、お父さん、お母さん、さび が その度に戻ってくる。
最後にお父さんが食べて、5匹の瞳に見つめられて、
いつものようにお話して、投げキッスをして帰った。



2月19日(土)22:00-22:50

5匹。 お姉ちゃんはいた。
2011.02.19

20分後くらいに、
さびが、植え込みの車道寄りの部分から突如姿を現わして通路に入る。
そんなとこ歩いたらあかんよ~!
2011.02.19

ちょうど外に出て来られた、居酒屋さんの店員さんと話す。
ゴミを出す時、いつも2-3匹が来ていたけれど、最近は見なくなったとのこと。
みんなの写真を見ていただく。
ハチワレおちびは、やっぱりその辺りにいることがあるらしい。
みんな、仲良く順番に食べることを伝えると
「可愛いなあ。 みんな幸せにしてやってな!」とおっしゃった。

いつもいてくれるハチワレおちびがいないので
暫く粘ったが来なかったので心配。
どうか無事でいてね。 明日は元気な姿を見せてね!

みんな、また明日の晩に来るからね。



2月20日(日)21:25-22:25

5匹。
2011.02.20

2011.02.20

お姉ちゃんは1度食べ始めると、譲らない。
お父さんもまた食べたいけれど、
遠慮してなかなか食べに来られない。

チャトラがいないので。
周囲を歩いて探したり、暫く粘ったけれど現れなかったので心配・・・。
夜中に道をうろうろしませんように。
明日は会えますように!

捕獲の日が近づいてきた。
とりあえず、みんなにいてもらう部屋の準備をしないと・・・。

捕獲に向けて準備中 2月10日-2月14日 

2月10日(木)

事故に遭っているところを目撃した友人が、
猫たちに差し入れを持ってきてくださる。
続けて姿を見ていない、ハチワレのお姉さんの写真を
いろいろ見てもらいながら聞いた話によると、
ひかれていた子は
白地が多く牛みたいにところどころに黒の模様の入っている子で
痩せていたそう。
別の子だった可能性が大きいかも・・・。
でも、その子が犠牲になったことも、大人猫でも危険な場所であることも確か。

今晩は会えますように!

16:45-18:00
友人より、サビ、チャトラ、ハチワレおちびの仲良しお子さまトリオが来て
ご飯を欲しそうにしていると電話があり。
とりあえず、缶詰1つを運ぶ。

気にして、いつも朝や週末のお昼に覗いてくれている友人は猫たちと初対面。
会ってもらえてよかった。

歩道(植え込みを除いて 幅 2-3mくらい?)には
相変わらず、人も自転車も頻繁に行き交い危ない。


22:40-23:10
5匹
まず、チャトラと、ハチワレお母さんが駆け寄ってくる。
続いて、ハチワレおちび、さび。
2011.02.10

2011.02.10

チャトラ白お父さんは、身体は大きいけれどぽわ~ん とした表情の子で
最後にやってきて、順番を待って食べる。

背中の黒いハチワレお姉さんと、
眼の周囲の黒の多いハチワレおちびは姿を見せない。


夕方に食べた、ハチワレおちび、チャトラ、さびのお子さまトリオもまた食べていた。

みんな順番に食べ、食べ終わると伸びをして
また換気扇のフードの下に戻って集まり、こちらを見ている。

チャトラ白お父さんが最後まで食べていたが、少しだけ残っていた。



2月11日(金・祝) 22:10-22:58

5匹。

2011.02.11

チャトラが下がり、おちびが手前に来て、追加の肉の缶詰を食べる。

2011.02.11

おちびは手前の分に集中し、4匹は場所を入れ替わりながら、並んで食べる。

22:20 チャトラ。少し離れて後ろにお母さんがいる。
22:29 サビ。
22:30 サビとちび。
22:36 お母さんがも食べて戻って行くが、まだ残っている。
22:39 お父さんが戻って来る。
2011.02.11
お父さんも、足のストレッチをしながら戻って行く。

22:53 おちびがとことこと寄ってきて、見て、また戻って行く。
      「見ておいで!」っていわれたのかな。




2月12日(土)21:40-22:40

5匹。 やっぱりお姉さんと目の周りの黒い部分の多いハチワレおちびがいない。

2011.02.12

2011.02.12
21:57 お母さんとお父さん。 その後、22:00までお父さん。

2011.02.12
22:01 サビ、チャトラ、ちびのお子さまトリオが戻って来て食べる。

22:04 缶詰を追加。サビが戻り、チャトラとちび。お母さんも来るがすぐに戻る。

22:07 ちびも戻る。

「まだ残ってるよ。」 と言うと・・・
22:09 お母さん。
22:13 60gくらい残した状態で戻る。。

2011.02.12
こんな風にして、いつも寄り添ってこちらを見ている。

22:28-22:28 「もういらんの?」 と言うとお父さんが食べに来て、15-20gくらい残して戻る。

いつも大体こんな感じ。お母さんとお父さんはいったん食べると、次は最後に戻ってくる。
お母さんは小走りで、お父さんはストレッチをしながら戻っていくのが可愛い。

寒いと思っていたら、帰り道、雪が降り始めた。
どうか、すぐにやみますように。絶対に積りませんように!



2月13日(日)21:40-22:45

6匹。 お姉さんが戻ってきた!
2011.02.13

あれ? おちびがいない と思ったら、
歩道から歩いて来て、私に気付き、通路に入る。
お母さんもお父さんとちびの間に入り、5匹並んで一緒に食べる。

21:48 追加の分を意していたら、6日ぶりにお姉さんが現れて、
しばらく私を見つめてから、通路に入って行く。
無事でいてくれた!
2011.02.13
お姉さんはずっと食べていなかったみたいで、ひたすら食べ続ける。

22:00 チャトラが見に来てまた戻って行く。
22:02 サビが見に来る。後ろで3匹がこちらを見ている。
22:04 チャトラがまた来る。お父さんも後ろに控えて待っている。
    お姉さんはひたすら食べ続ける。
22:09 ちび、お姉さん、お母さん、サビが並んで食べる。
22:11 ドライとお湯をさらに追加。お姉さん、チャトラ。
     後ろでお母さんとお父さんが待っている。
22:14 お母さん 少し食べて小走りで戻っていく。
22:16 お父さん。
22:24 チャトラ。お母さんが後ろで見ている。
22:28 - 22:32 チャトラ、さび、ちび。
         ちびが手前にいるときに、
         あごの下から撫でようとするが、左手でパンチをされた。 
22:32 - 22:37 ちび、追加のスープ仕立てを食べて、伸びをして戻って行く。
この日もこんな感じで順番に何度も食べに来ては戻った。

かなり冷え込む。手が久し振りにかじかむ(凍える)。
いつものように、
明日も絶対に来るし、みんな待っててな! みんな元気でいてな! と
投げキッスをして帰った。



2月14日(月)

朝は大丈夫だったのに、お昼前に気がつくと、雪が降っている。
ぼたん雪・・・。 どうかやんで!

21:50-22:40
5匹 

2011.02.14
チャトラは足が濡れるのがいやで、自転車置き場におりて、そこで食べたがる。

22:27 お母さんが遅れてきてくれた。
ハチワレお姉さんはいない。
目の周りの黒い部分の多いハチワレおちびは、姿を見なくなって1週間になる・・・。

保護に向けて行動開始! 悲しい事故が・・・  2月4日-2月9日

2月4日(金) 22:28-22:50

5匹 ハチワレお姉さんとさびがいない。

2011.02.04

2011.02.04


キャリーの中にご飯を置いて、中で食べさせられないかな とか考える。
うまく扉を閉められたら、近づいてくる子は保護できるかも。
でも、扉を閉めるときに、もしも失敗して、車道に跳び出したら・・・
と思うとなかなか実行できない。
歩道で人や自転車の往来が多くて、目立つのも壁になっている。
通路の前に立っているだけでも十分怪しいとは思うけれど
猫たちが出来るだけ歩道に出てこないようにしたい。

猫のTNRや保護をしている方に電話で相談する。
明日の夜、ご飯を運ぶ時に見に来ていただくことになった。


2月5日(土)

お昼はやはり誰もいないと、通路を見に行ってくれた友人よりメールが届く。

21:20-20:50

7匹全員

Sさんと待ち合わせて、猫たちを見ていただく。

ご飯を食べ始めた頃に、
裏の道を一緒に歩いて、この子たちが通れそうなところ、
この辺りにいるのではないかと思う辺りも見ていただく。
容器が手前に出てくるといけないので私はすぐに通路前に戻る。

2011.02.05

ある程度食べたところで追加分を容器に入れる時、
お持ちくださった缶詰も1つ入れてくださった。
お宅にもものすごく大勢の猫たちや、複数の犬たちがいて
ご飯代だけでも大変なのに、申し訳ありません・・・。
ありがとうございます! 

そして、やっぱり、「全員ここから出したい。」 とおっしゃった。
毎晩、ここを離れる時に、猫たちに話しかけているように
今晩は、Sさんからも、
「全員、ここを出て、お家を探そ!」 と呼びかけていただいた。

通路の前にいるとき、チャトラが通路から出てきて
車道との境にある植え込みでおしっこをした。
ヒヤヒヤして見守りながら、
「危ないから、そこでするのやめて~!」と心の中で叫んでいた。



2月6日(日)22:37-22:56

6匹 (ハチワレお姉ちゃんがいない)

覗いた時、誰もいないのかな と思ったが
ハチワレおちびが歩道を北側から突然姿を現して歩いてきたので
「チュチュッ」と音をさせると、気付いて通路に入る。
それに気付いて、奥から3匹が駆け寄ってくる。

22:40 チャトラ白(お父さんかな)
22:41 さび が 続いて歩道の北側から突然現われる。

歩道を歩くのは危ないからやめて欲しい・・・。
でも、これで、お父さんも鉄柵(門)の隙間を通れることがわかった。
2011.02.06

2011.02.06




2月7日(月) 21:55-22:15

22:00頃 チャトラ、ハチワレちび、さびが通路奥から遅れてやってくる。

全員が揃うまで、食べた後も、順番に後ろに下がり、
通路奥を振り返って気にしている。
2011.02.07

ハチワレお姉さんがご飯の順番を待っているとき、
横にいたチャトラが先に食べようとするのを
「順番でしょ!」 というようにパンチをしていた。

ハチワレお姉さんが、最後までご飯の所に残り、きれいになめつくしていた。
反対に、さびは(多分)食べなかった。

夕方からは、通路の中央辺り、
お店側の壁から出ている換気扇のフードの下が暖かいのか
みんなで寄り添ってそこで寝ているみたい。

ご飯を食べた後、みんな、順番にそこに戻って行って寄り添い
こちらを見ている。

朝やお昼に友人が通って見てくれた時には、通路はいつも空っぽ。
夕方以降に集まってくるみたいなので、
日中どこにいるのか探していた。

Sさんが、午後、周囲に聞き込みに行ってくださることになっていて
夕方報告を受けた。
たまたま出てこられた北側のマンションの学生さんの話では
いつもその辺りでゴミを漁っていたとのこと。
その方と、隣のお店の方には、捕獲器を使って一斉に引き上げると
伝えてくださった。



2月8日(火) 

朝、黒白猫が、
通路隣のお店の前の車道で頭をはねられていた、
お母さんではないかと、
友人よりメールが届いた。

昨夜は7匹全員元気だったのに・・・。

白と黒が半々くらいだったというので
一番慎重だったハチワレお母さんかも・・・。
どんなに怖かっただろうと思うと、たまらなかった。

友人が調べ、連絡して、予め情報を得てくれていた
梅小路公園のTNRをしておられる「京都どうぶつあいごの会」に
電話して事情を話し、相談する。

捕獲器で一斉に保護をお願いすることにして、捕獲と搬送を依頼した。
少しでも交通量の少ない場所に移動することも提案されたけれど、
地域猫として暮らせる可能性のない、しかもあの危険な場所で
R(リターン)は考えられないこと、
とりあえずは家に一時保護して
室内飼いで大切にしてくださる里親さんを探したいことを伝えた。

京都新聞に載ってから、里親さんの反響も予想外にあるそうで
里親さん探しにも協力していただけるそう。
ただし、これまではやはり仔猫らしい。
とりあえず、翌日、1度訪ねることにする。

事故のことをお伝えしたGさんも、お忙しい中、
「みんなで協力して、1日でも早く保護しましょう。
これ以上、どの子も失いたくないです。」
とメールをくださった。


22:17-22:43

雨の中、やっぱり換気扇のフードの下に集まって待っていれくれた。
覗くと茶白お父さんが最初に気付き、ご飯を置くとすぐに駆け寄ってきた。


5匹

ハチワレお母さんはいた。
もう1匹のハチワレちび(目の周りの黒い部分の多い方の子)
チャトラ、チャトラ白、サビ もいてくれた。

ハチワレちびとハチワレお姉さんがいない。
どうか無事でいて!と祈りながら、ご飯を食べるのを見守る。
2011.02.08

チャトラは濡れるのが嫌なのか、
「ここで食べたらあかんの?」 という表情をで
隣のマンションの自転車置き場の中で見つめていたけれど
そこは施錠されていて置けないので、可哀想にいつもの通路で食べた。

50gくらい残した。
少しでもお腹がいっぱいになれば、出歩く回数も減るかもしれないので
これからも、残すくらい入れることにした。

車道に向かって掌を合わせ、
他の子たちは絶対にみんなここから脱出させて幸せにするから
と亡くなった子に伝えた。



2月9日(水)

京都どうぶつあいごの会 喜多村さんを訪ねる。
写真をみていただき、状況を説明した。
家族会員になり、捕獲、去勢・避妊手術のための搬送もお願いする。
詳細は改めて決めることになった。


21:34-22:30

4匹。

ハチワレちびはいた!
お母さん、お父さん、ハチワレちび。
少し遅れてチャトラがくる。
さび、もう1匹の目の周りの黒い部分の多いハチワレちび、ハチワレお姉さんがいない。
ハチワレお姉さんが心配・・・。

猫たちがご飯を食べている間に
Sさんと
近くの居酒屋さんのオーナーと店員さん(居酒屋さんではご飯はあげておられないらしい)
通路の南側のマンションの住人の学生さん(ちょうど帰宅されたところ)に
保護するために餌付けしていることを説明した。
事故に遭った子がいることを聞いてびっくりなさった学生さんは
猫は嫌いではないしけれど、猫アレルギーなので
猫たちが外階段を上がって廊下の2階までくることに戸惑っておられたようで、
保護のための餌付けをしていることを理解してくださった。

オーナーと話しているときに後ろで気にして聞いておられた
居酒屋さんの店員さんは、
オーナーが調理場に戻られた後で、出てきてくださって
いつもゴミを出すときに2-3匹がくるので心配なさり、
保護することを喜んでくださった。
店員さんは、2-3匹だけだと思っておられたようで、
7匹もいると知ってびっくりしておられた。
夜はいつも南側の通路の奥の、
換気扇のフードの辺りで寄り添っていることはご存知なかった。

1月の終わりには、
お店に降りる数段の階段の下で茶色い子が亡くなっていたそうで、
事故に遭った子のことはご存知なかったけれど
聞いて、気の毒がられていた。

通路の奥は北側に続いていて土もあるみたいなので、
日中は奥にいるのかも。
みんな、メンバーが揃っていないときには、
今夜のチャトラのように奥を振り返って気にしているし
奥から、遅れてやってくることもよくあるから。
2011.02.09

1月30日 本格的に餌付け開始 2月1日 総勢7匹!!!

1月30日(日)23:00-23:25

5匹(ハチワレ2匹 チャトラ、さび、チャトラ白)
総勢6匹だということがわかる。

この夜から、タッパー2つに
缶詰主体でドライを混ぜ、ぬるま湯をかけて与え始める。
IMG_9010_convert_20110221081732.jpg



1月31日(月)22:37-22:55

6匹((ハチワレ3匹、チャトラ、サビ、チャトラ白)
2011.01.31

保護活動をしておられるGさんに、こんな歩道でも保護が可能か尋ねると、
餌付けができればどこでも可能だと思うとのこと。
ただ、他にも餌をあげている人がおられると難しいかもしれないとのこと。
いつも、駆け寄ってくるので、少なくとも夜はご飯をもらっていないと思った。
昼間はどこにいるのか・・・。
Gさんもあらゆる可能性を探してメールしてくださる。

問題は、通路だということ・・・。
猫の保護に詳しいSさんに相談することを勧められる。



2月1日(火)

15:59 通路の前を通ったので覗くと
換気扇の所に集まって寝ているのが見えた。

21:57-22:43

7匹 
ハチワレが4匹
(2匹は同じように左が白いが背中が黒の多いお姉さんと白が多めのお母さんがいる)
いて、総勢7匹だということがわかる。 
2011.02.01A
奥で順番を待っている子が2匹(目が光っています^^)

7匹・・・。
動揺した。真剣に悩んだ。
でも、ここで寄り添って生きている命があることを知った以上
見なかったこと、知らなかったことにはできないと思った。
早く保護して手術しないと大変なことになる。
こんな危険な場所に加えて、周囲は単身者用のマンション。
無関心の中、残飯だけで生きてきた子たち。
地域猫としてここで暮らしていくことは難しい。

お家を見つけたい!
総勢7匹。
しかも、この子たちは小さい子で1歳、3匹は大人。
仔猫が好まれる傾向がある中、難しいやろな・・・。
でも、ここで暮し続けることが出来ない以上、
保護して、手術をして、お家を探すしか方法はないし・・・。

あきらめなければ、きっと見つかる!
そう信じることにして、自分を奮い立たせた。



2月2日(水) 21:25-21:55

7匹全員
順番に並んで食べ、一応食べると1度後ろに下がって
また順番を待っている。
2011.02.02



2月3日(木) 23:15-23:40

使っていたタッパーは隅のほうに溜まって食べにくそうだったので
この日見つけた大き目のトレイにまとめて入れることにした。

5匹 さびと背中の黒い方のハチワレ(お姉さん)がいない。
2011.02.03

2011.02.03
お母さんが、おちびが食べ終わるまで後ろで見守って待っていた。

2011.02.03
このおちびが、あの夜、跳び出してきて
このファミリーとの出会いのきっかけを作った。
何とか全員ここから脱出して、暖かいお家の子になってほしい。

1月25日 突然の出会い 1月28日 総勢5匹?

2011.02.16 06:32|出逢い 2011.01
仕事帰りに、少しでも早く帰ろうと、
次のバス停へと必死で歩道を走っているとき、
突然、車道寄りのゴミだし場所におかれた空の発泡スチロールの箱から
ハチワレのおちびさんが跳び出した。

危ない!

おちびはすぐに、近くにある自転車置き場の自転車の間に入って
じ~っと見つめている。
気になって、近くのコンビニで缶詰を買って戻ったらすでに姿はなく、
辺りを探してみたけれど、見つからなかった。

夜でも自転車が頻繁に行き交う歩道。
危ないから保護しなければ・・・。

2日後の27日、同じ時刻にその場所を通ってみたら
今度はチャトラ少年が跳び出し、
とことこと歩いて
マンションとマンションの間の通路に入って行った。

中を覗くと・・・
チャトラと一緒に、ハチワレ2匹と さび1匹がいた。

ええっ? 4にんもいるの???

とりあえず、ドライを少し置いて食べるのを見守った。


翌28日の夜、缶詰とドライを持って、また覗いてみる。
今度はチャトラとハチワレ3匹がいた。
ということは、総勢5にん?

一瞬、めまいを感じた。
初心者にいきなり5にん・・・。
でも、今、動かなければ、春には確実に数が増える。
手術は後延ばしにはできない。
まずはご飯を運んで関係を作ることから始めなければ。

IMG_8961_convert_20110218134420.jpg

でも、この場所でどうしたら保護できるのか・・・。
保護できたとしてもどこにいてもらえばいいのか・・・。
通路の鉄柵の下から、容器に入れたご飯を入れ、
歩道を行く人から見えないように、通路の前に立って考えていた。
| 2011.02 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
出逢いを待っている子たち

まお バナー まおちゃん 里親様内定しました。 なお バナー なおちゃん ゆか バナー ゆかちゃん ゆうき バナー ゆうちゃん      写真をクリックして紹介頁を見てね。

出逢いから保護 & 募集に至るまでの経緯

プロフィール

ramby

Author:ramby
京都市在住の「保護・里親様探し」&ブログ 初心者です。
2歳、2ヶ月半、5歳で迎えた、超ワルのキジトラトリオ(親分、びびりさん、豪快娘)と、いつかまたキジトラカルテットになるために戻ってきてくれる、1歳半で迎え、白血病キャリアで2009年7月21日5歳前で亡くなった大切な写真の子(ジル)と、毎日、ばたばたと楽しく暮らしていたところ・・・
思いがけず、おちびに出逢って、初めての保護。部屋分けをして「ななにん」と暮らすことになり、さらにドタバタの毎日になりました。
どうぞよろしくお願いいたします。

保護によって、「仲良し家族がみんな一緒」の生活を変えることになりました。全員が、人間の家族の温かな笑顔と愛情に包まれて幸せな毎日を送れる日まで頑張ります。

何もかも初めての連続で、戸惑いながら試行錯誤の毎日です。どんなに小さなことでもアドバイスいただければ嬉しいです。

保護後も、快適とは言えない環境の下で一生懸命に生きてきた日々やこの子たちの変化も順を追って見ていただきたくて、遅れながら書いております。

* 時間の経過順に 「カテゴリ」 に分類しておりますので、そちらからご覧いただく方が分かりやすいと思います。

* 内容に関係のないコメント等は、私の判断で表示させずに削除させていただきますのでご了承ください。 

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

大切なこと

dassouboushisaku_banner

Kitchen Cat *キッチン キャット*
ハーフチャリティショップ

No Fur banner

FC2カウンター

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。