スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケージのこと & なおちゃんが とことこ、ぴゅーっ

通路から捕獲器で保護して家にやって来ることになった日、
物置にしていたこの部屋にあったものを、
大急ぎで他の部屋に移動させて、場所をつくり、
ひとりひとりのご飯の量や、おしっこ、うんこさんのチェックも兼ねて、
健康状態をみるため、ひとりずつ、別々のケージで暮らし始めてもらった。

その後も、他の部屋に移せるものが限られてしまい、
部屋の状態を整えられないままでは、
不安材料が多すぎて、ケージから出す勇気がなかった。


仲間が一緒だという前提の元で成り立つことではあるけれど、
おちびトリオの中で、マイペースなのが なおちゃん。

通路で暮らしていた時にも、
澄ました顔をして、通路の柵の外側に座っていることがあった。

家の保護部屋で生活を始めてからも、
ご飯もすぐに食べたし、触れないながらも、自分から働きかけてきた。


そろそろ、なおちゃんから 順番にひとりずつ、
みんなをケージから出してみよかな と思うと、
その度に、ゆうちゃん や ゆかちゃん の 「うんこさん」から回虫が出て、
もう絶対に大丈夫と思えるまでは、まだやめておく方が安全やなあ
と思う、その繰り返しだった。

4月と5月に、ゆかちゃんの駆虫を済ませ、
そろそろ と思いながらも、
やっぱり、
あんまりいつもくっついて暮らしていると、
別々のお家の子になった時、お別れが辛すぎるのと違うかなあ
とか、
一日に一緒にいて、様子を見ることのできる時間が限られているために
目が行き届かないので、
移す場所がなくて、そのまま部屋に置いているガラスの人形ケースのことを思うと、
この子たちだけで自由にさせておくのが 不安で、
なかなか出せずにいた。

同時に、いつか離れて暮らすことになるのなら、
せめて一緒にいられる時間は、仲良くくっついて過ごさせてあげたい
という気持ちもあった。


春から夏になり、
保護部屋には、エアコンが付けられないけれど、
ケージ生活なら、
東側の窓に面しているから朝陽がいっぱい入るし、
窓だけでなく、部屋の引き戸も 開けておけるから、
風通しのよいこの部屋は、気持ちがいいので、
そのままになった。。

猛暑といわれていたけれど、
晴れた日が多かった今年の夏は、
隣の部屋からのエアコンの風が必要だった日は数えるくらいで、
補助的に使用した冷風扇と、窓から入る風だけで、
十分涼しくて、快適に過ごしてもらえた。


秋になり、冬になって・・・

一日の時間の経過を、明るさで感じることはできるけれど、
暖かい日差しを満喫できるのは、朝陽が入る時間帯だけなので、
夜明け前、午前6時頃に、カーテンを開けに行く。

寒くなって、部屋の引き戸を閉めると、
ケージから出してあげることはできるけれど、
今度は、下にいると、部屋の様子がわからず、
オイルヒーターのコードのことや、部屋でどうしているか等の心配が出てきた。



これまで
「(ケージから)出して~!」 と言う子が誰もいなかったのは、
通路時代、鉄柵の向こう側で暮らしていたから、
家の子にも、知らない人が部屋に入って来られると、
慌ててケージの中に逃げていた子もいるので、
この子たちにとって、ケージの柵は、
より、自分たちにとって安心できるものなんやなあ 
と思ったりしていた。


なおちゃんは、
ボールが床に転がっているのを見つけると、

こんなふうに



その方を見ながら、
本当に 人間のように、
ケージの中で行ったり来たり、忙しく動き回るようになったので、
ワクチンの追加接種後、2週間が経過したら、
まずは なおちゃんから フリーにして、
部屋の中でどんな動きをするのか 様子を見ようと決めていた。


10月8日に、なおちゃん と ゆかちゃん の ワクチン接種を終えて、
3日後の10月12日になった夜中。
晩ご飯後の掃除の時・・・

なおちゃんのケージのドアを開けると、
予想通り、ごくごく自然に出て来て、早速 探検を開始した。

2012.10.12-1 nao

みんなのケージにすりすり。

まおちゃん、ゆかちゃん、ゆうちゃんは、
それを観察。

他の子たちに遠慮することなく 走り回って
みんなに お手本を見せてくれた。

これは、10月14日の様子。


他の子たちにとっても、なおちゃんはちょっと別格みたいで、
特別扱いや わがままも 許される感じなので
ひとりだけフリーにしても、私も気が楽^^。


どんな動きをするのかを見るため、
なおちゃんの、モニターとしての役割が始まった。


なお バナー
なおちゃんは こんな子(写真をクリックすると紹介ページにとびます。)

出逢いから保護 & 募集に至るまでの経緯

************
相思相愛になれる大切な方に見つけていただけますように・・・。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ

スポンサーサイト

テーマ:里親募集
ジャンル:ペット

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメ様

自分に自信がないのと、こういう部分で慎重すぎるので、
家の子たちの時も、時間をかけて、ゆっくりと一緒にしてきました。
迎える前に猫嫌いだった子が「ふたり」いて、今でも猫団子にはなりませんが、
私自身が子どもだった頃に、ちょっとしたことで妹と喧嘩になっていたように、
そんなバトルもしながらも、結構仲良くしています。
お互いに大切な家族だとわかっているみたいです。
昨年、一度に大勢を家に入れることになったので、
家の超びびりの子に少しでも気配を感じられないようにするのには
この部屋は都合がよかったのですが、今では、離れているのが不便だったりします。
お宅にも可愛い子たちがいるのですね^^。

この子たちは、通路時代から本当に仲が良くて、
おちびトリオは、他の子たちが食べ終わってから、
もう一度食べておいでって言われたのか、
「さんにん」揃ってトコトコとまた食べに来たりして、可愛かったです。
2歳を過ぎましたが、今も「おちび」という感じの子たちです。

みんな一緒に迎えていただけたら最高ですが、
私も、それぞれが最終的に一番幸せになれる出逢いを望んでいます。
いつも応援ありがとうございます!
非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
出逢いを待っている子たち

まお バナー まおちゃん 里親様内定しました。 なお バナー なおちゃん ゆか バナー ゆかちゃん ゆうき バナー ゆうちゃん      写真をクリックして紹介頁を見てね。

出逢いから保護 & 募集に至るまでの経緯

プロフィール

ramby

Author:ramby
京都市在住の「保護・里親様探し」&ブログ 初心者です。
2歳、2ヶ月半、5歳で迎えた、超ワルのキジトラトリオ(親分、びびりさん、豪快娘)と、いつかまたキジトラカルテットになるために戻ってきてくれる、1歳半で迎え、白血病キャリアで2009年7月21日5歳前で亡くなった大切な写真の子(ジル)と、毎日、ばたばたと楽しく暮らしていたところ・・・
思いがけず、おちびに出逢って、初めての保護。部屋分けをして「ななにん」と暮らすことになり、さらにドタバタの毎日になりました。
どうぞよろしくお願いいたします。

保護によって、「仲良し家族がみんな一緒」の生活を変えることになりました。全員が、人間の家族の温かな笑顔と愛情に包まれて幸せな毎日を送れる日まで頑張ります。

何もかも初めての連続で、戸惑いながら試行錯誤の毎日です。どんなに小さなことでもアドバイスいただければ嬉しいです。

保護後も、快適とは言えない環境の下で一生懸命に生きてきた日々やこの子たちの変化も順を追って見ていただきたくて、遅れながら書いております。

* 時間の経過順に 「カテゴリ」 に分類しておりますので、そちらからご覧いただく方が分かりやすいと思います。

* 内容に関係のないコメント等は、私の判断で表示させずに削除させていただきますのでご了承ください。 

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

大切なこと

dassouboushisaku_banner

Kitchen Cat *キッチン キャット*
ハーフチャリティショップ

No Fur banner

FC2カウンター

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。