スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年3月10日(日) ゆうちゃん・・・

4月になると犬さんたちの予防の季節に入って
動物病院は本当にいっぱいになって、待ち時間がさらに長くなる。

なんとかそれまでに、
家のワルたち と ゆうちゃんの ワクチン接種を済ませたいと思っていた。


そこで、まず、
3月9日(土)の午前中

家の親分とびびりさんのワクチン使接種と血液検査に行った。
予約を入れていたのに、
主治医は、前の予約もいっぱいで、午後からは手術予定が入っていて
血液検査の結果が出るのを待っている時間はないとのことで、
病気ではなくワクチンと定期健診なので
代わりに初めての先生に診ていただくことになった。

以前の病院では、いつも私が保定していたので、
写真を撮るなんてとてもできなかったけれど、
駄々っ子でライオンになる親分も
この病院に移ってからは、
カラーさえつけていれば、看護士さんが上手に保定してくださるので
写真もちゃんと撮れるようになった。
もっとも、その 「わぁ~!!!!!!」 という声は
待合室にもしっかりと響いていたみたいで
検査結果を待っている間、お話していた方に、
「聞こえてましたよ~^^。」 と言われてしまったけれど。


その日診てくださったのは、女の先生。
母性を感じる方で、印象がよかったので、
ゆうちゃんにはこの先生がいいかも・・・ と思った。

ゆうちゃんは、昨秋の一件以来、ご飯と違う時間に部屋に行くと、
警戒して離れてしまうようになっていたので、
暫く様子を見ているうちに、5ヶ月くらいが経過していた。


翌 3月10日(日)

その日は、通常はお休みの主治医とその先生の診察があるとのことだったので
予約の混んでいた午前中はやめて、
夕方の診察に連れて行くことを密かに狙っていた。


移動に便利な方のキャリーを持って入るとそれだけで警戒するので、
部屋に置いている大きいのを使うことにして・・・

洗濯ネットを隠して持って入ると・・・
2013.03.10-1 ochibi trio
なぜか おちびトリオに歓迎された。

ゆうちゃんは、ケージの中のベッドの中へ。

2013.03.10-2 yuki

気付かれないように、
「ゆうちゃんは可愛いなぁ~。」 となでなでしたり、写真を撮ったり。

そして、洗濯ネットに入れようとしたら、
あっさり身体にかぶせられたので、いけるかな?と思ったけれど、
洗濯ネットには入れられたものの、
その途端に、慌てて、ものすごい勢いで暴れ出して、
ファスナーを閉めるまでに飛び出して逃げられた。
おまけに、肛門嚢の臭いにおいを噴射!
足蹴りした時に、ネットも破られた。

壁をよじ登って・・・ というのはなかったけれど、
同じくらいの、すごい勢いです。

2013.03.10-3 yuki
いやなもんは いややもんなぁ・・・。

こういう時は、あまり興奮させるのもよくないと思うので、あっさりとあきらめることにしています。


でもね・・・ 10月の時もそうだったけれど、
そういう時に限って、予約が空いていて すぐに診てもらえそうなんですよね・・・。

本当に残念。


2013.03.10-4 yuki

晩ご飯の時には、いつもと同じようにすりすりしてくれてほっとした。
(なんど試しても、写真が横になってしまうのはなんでかなあ?)

ネットを二重にして入れるのはもっと難しいし、
丈夫なネットといっても、
目の詰まったタイプを使うしかないし・・・。


もしも、うまく入れられて、ファスナーを閉められても、
ネットに入ったからといって固まってじっとするタイプではないし、
1人で入れるのは本当に大変・・・。

かといって、誰かが助っ人にきてくださったとしても、
知らない人が部屋に入るだけで、
パニックになって暴れまわるのので、
事態は余計に悪くなることは目に見えている。
こんな時は、本当に、私が2人いたらなあ・・・ と思う。

ネットに入れて、キャリーに入れられても、
病院に着くまでに、もしもネットを破って脱出していたら、
また家に舞い戻るしかないし・・・。


ゆうちゃん(ゆうきくん)のワクチン追加接種への道は
まだまだ長そうです・・・。

こうなったら、もう、気長にいこうと決めた日でした。

子どもの頃に、ゆうちゃんみたいな子が家にいたら、
きっと、自分で医療行為のできる獣医を目指していたと思う。


**********
家の子たちも全員怖がりです。
鼻に汗をかくし、肉球もびしょびしょ。

3月9日(土)の帰りのタクシーの中

2013.03.09-1 oyabun
いつもは思いっきり緊張している 親分は、
その日は、幸い、キャリーの中に敷いた毛布が気に入ったようで
ひたすら ふみふみ、もみもみ をして、
大丈夫、大丈夫、私は親分なんやから・・・
とでもいうように、一生懸命に 気持ちを落ち着けようとしていたけれど、

2013.03.09-2 bibiri san
過呼吸をおこす びびりさんは、いつも通り、泣いていました。 
**********



この子たちの紹介頁は、左上の「出逢いを待っている子たち」の項目から、
記事一覧は、画面右上の "Archive" から ご覧いただけます。


出逢いから保護 & 募集に至るまでの経緯

************
相思相愛になれる大切な方に見つけていただけますように・・・。
一緒に、ゆっくり日向ぼっこができる家族に出逢えますように・・・。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
 ↑ クリックの応援をしていただけると嬉しいです。
************

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:里親募集
ジャンル:ペット

コメント

非公開コメント

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
出逢いを待っている子たち

まお バナー まおちゃん 里親様内定しました。 なお バナー なおちゃん ゆか バナー ゆかちゃん ゆうき バナー ゆうちゃん      写真をクリックして紹介頁を見てね。

出逢いから保護 & 募集に至るまでの経緯

プロフィール

ramby

Author:ramby
京都市在住の「保護・里親様探し」&ブログ 初心者です。
2歳、2ヶ月半、5歳で迎えた、超ワルのキジトラトリオ(親分、びびりさん、豪快娘)と、いつかまたキジトラカルテットになるために戻ってきてくれる、1歳半で迎え、白血病キャリアで2009年7月21日5歳前で亡くなった大切な写真の子(ジル)と、毎日、ばたばたと楽しく暮らしていたところ・・・
思いがけず、おちびに出逢って、初めての保護。部屋分けをして「ななにん」と暮らすことになり、さらにドタバタの毎日になりました。
どうぞよろしくお願いいたします。

保護によって、「仲良し家族がみんな一緒」の生活を変えることになりました。全員が、人間の家族の温かな笑顔と愛情に包まれて幸せな毎日を送れる日まで頑張ります。

何もかも初めての連続で、戸惑いながら試行錯誤の毎日です。どんなに小さなことでもアドバイスいただければ嬉しいです。

保護後も、快適とは言えない環境の下で一生懸命に生きてきた日々やこの子たちの変化も順を追って見ていただきたくて、遅れながら書いております。

* 時間の経過順に 「カテゴリ」 に分類しておりますので、そちらからご覧いただく方が分かりやすいと思います。

* 内容に関係のないコメント等は、私の判断で表示させずに削除させていただきますのでご了承ください。 

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

大切なこと

dassouboushisaku_banner

Kitchen Cat *キッチン キャット*
ハーフチャリティショップ

No Fur banner

FC2カウンター

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。