スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月23日(火)夜中続き - 午後 なおがケージから脱出 跳び出し防止策の必要性

跳び出しにご用心 & 脱走防止策(うっかり跳び出し防止策)の勧め

8月23日(火)夜中 の 続きです。
2011.08.23-2-1

(01:32) ゆうき & まお                 (01:33)
2011.08.23-2-2 2011.08.23-2-3
2011.08.23-2-4

なお
2011.08.23-2-5

(01:33)                            (01:33)  
2011.08.23-2-6 2011.08.23-2-7
急に ゆうきが 起き上がった。            じっと見つめる。

2011.08.23-2-8
見つめる・・・。

なお
2011.08.23-2-9

2011.08.23-2-10


(01:35)                        (01:35)
2011.08.23-2-11 2011.08.23-2-12
びびりさんが 様子を見に来て、バリバリバリ・・・。

(01:36)                         (01:36)
2011.08.23-2-13 2011.08.23-2-14

2011.08.23-2-15
ゆうき は まお と なにやら相談中。

(01:38)                           (01:38)
2011.08.23-2-16 2011.08.23-2-17


(01:41)
2011.08.23-2-18 今夜も見つめ合う。(01:42)
                     2011.08.23-2-19


2011.08.23-2-20


みんなに おやすみ~! を言って 部屋を出て・・・

大急ぎで 晩ご飯を食べながらブログの記事を更新。

涼しかったので、保護部屋が寒くないか、様子を見に行ったら・・・


なおのケージ 2段目のドアが開いていた。
中は 空っぽ。


えっ なんで???


後ろを振り返ると、なおが 部屋の中にいて、少し奥から こちらを見ている。


大慌てで、その部屋のドアを閉めて、
何事かと様子を見に来た お転婆娘 を リビングの中に入れてドアを閉め、
保護部屋を作るために、部屋から移動させた物でいっぱいで
ジャングル状態になっている部屋のドアも閉めた。

お恥ずかしいことに、毎日 時間に追われ続けていて、
今、家の中は凄いことになっている。

廊下の途中に ストレージボックスでバリケードをつくってから
保護部屋に戻った。(カメラも持って。)

いきなり捕まえようとして警戒されるのを避けて、
リボンでじゃらして遊ばせようとするけれど、
いつもなら すぐにのってくるのに、距離を置いている。

2011.08.23-2-21


なお(05:01)                         親分(05:02)
2011.08.23-2-22 2011.08.23-2-23

親分が 様子を見に来て、まずは 「シャー!!!」。

そのうちに激しく威嚇し始める。


親分は、決して 攻撃的な子ではなく、
自分からバトルをしかけることもなく
むしろ 仕掛けられて 追い詰められ、困っていることの方が多い、
お人よしで、ふにゃふにゃしたところもある 優しい子だけれど、
猫が苦手で 縄張り意識が強いので、
ケージに入っている時には 許せても、外に出てこられると気に入らない。


親分を怖がって 保護部屋に逃げて戻るのではないかと思い、
部屋の中で 親分をしばらく抱っこしていると、
親分が、なおへの威嚇と 捕まえられているのが嫌で
激しく唸り出して、私にもその怒りの矛先が向く。

女の子にしては 大柄で 骨格がしっかりしていて 力が強いので、
ちょっと噛むだけでも 大怪我になる可能性がある。

なお に 跳びかかって怪我でもさせたら大変なので、
親分を放して 部屋から出す。

その間、
なおは、おちびだけれど なかなかの大物で
親分に威嚇されても、キョトンとして、その場でじっと見ていた。

再度、リボンで つろうとしたけれど 失敗。

保護部屋に入るようにと 追いかけっこをしているうちに、
その部屋から出て 廊下を走り、バリケードを 跳び越えて さらに走り
部屋のドアにぶつかり、リビングのドアにぶつかり、
また戻ってきて、また部屋のドアにぶつかり、
バリケードを跳び越えて、廊下を走って保護部屋に入り、
ケージの中に 跳びこむようにして 戻った。

すぐに ドアを閉めた。

2011.08.23-2-24


親分は 段ボール箱の上で、びびりさんは 洗面所に隠れて、なおが 走り回る様子を見ていた。


夜中に写した写真を見たら、ケージ2段目のドアを、きちんと閉めていなかった。
(1枚目、10枚目、20枚目の 写真参照。)


ご飯の容器を出した時だと思うけれど
ドアをちゃんと閉めなかったこと、きちんと閉まっているか確認しなかったこと、
うっかりしていたとはいえ、だからこそ、どちらも、完全に私のミス・・・。

8月に入ってから、
他の部屋からのエアコンの風や、窓からの風がよく通るように、
保護部屋の引き戸を、真中で合わせて、大胆に開けていた。

なおにしてみれば、
たまたま、何かの拍子に ケージのドアが開いたから 外に出て、
いつも、引き戸の隙間から見えている 未知の部屋に
興味津々で入って、探検していたのだと思う。

様子を見に行くのがもう少し遅かったら、
ジャングル探検をしていたのかも・・・。

(猫たちには 面白い部屋みたいで、いつも、嬉しそうに探検しているけれど。)

小柄な なお は、どこにでも入りこめるから、見つけるのが大変だったと思う。


ゆうきの時5月31日(火) 午後 1時間27分間の脱出騒動以来、
掃除の時には 気をつけていたけれど、こういうこともある。


ケージのドアは 部屋のドア、部屋の引き戸は玄関ドア に 例えることが出来る。
引き戸が玄関ドアだったら、廊下からは 外の世界。
歩道を越えて、入り込んでいた部屋は車道!

もしも、これが家の中でなかったら、取り返しのつかないことになっていた。

家からの脱走も、案外こういうケースが多いのではないかと思う。
脱走しようと隙を窺っている子だけではなく、
たまたま開いていたから、興味本位で出てしまう子が多いのでは・・・。

外に出て、ちょっとそのあたりを探検しているうちに家に帰れなくなったり
車の音にびっくりしたり、
知らない犬猫さんたちや、怖い人から逃げて隠れたりしているうちに 遠くに行ってしまう
ということも 十分あり得る。

なおが、廊下を 大慌てで 半パニックになり ドアにぶつかりながら 走りまわったように。

いつもは 気をつけていても、うっかりすることはある。
脱走(跳び出し)に関しても、気をつけるだけでは やっぱりダメだと 改めて思った。


どんな子であっても、その命を守るためには、
目に見える形での 脱走(跳び出し)防止策は 絶対に必要。
できるだけの事をしたうえで、さらに気をつけなければ・・・。

自分に言い聞かせた。


ベランダには、排水溝の掃除の時以外には出ないし、
吐きだし窓にも 窓にも ネットを取り付け
玄関を入って 靴を脱ぐ所にも 引き戸をつけて
二重ドアにして いつも閉めているので、
いきなり 外に跳びだしてしまうことはないけれど、
部屋のどこかで 家のワルたちと いきなり鉢合わせしたり、
ケージから出ているとは夢にも思わずに寝てしまっているときに
お仏壇の中に入り込んで、
珍しがって いろいろぶら下がっているものに跳びついたりしたら 危ない。

保護部屋にも、他の部屋に移動させられないガラスケースが2つもある。
さらに、毎日注意しなければ・・・。

保護部屋をチェックしてみると、
なおは、まず 保護部屋の床にあるものを、チョンチョンと さわっていたみたい。
入りこんだ部屋では 何をしていたのか 興味ある・・・。

ゆうき
2011.08.23-2-25
もう おやすみ。

なおちゃんも
2011.08.23-2-26
ちょっと びっくりしたね・・・。 
         (注:眼にゴミがついていたのが気になったけれど、翌朝 見たら大丈夫でした。)

すばしっこくて、 ジャンプ力もあるのが わかった。

いつも、廊下をワルたちが通ると、声を出して、じっと見つめてる なお。
興味津津だけれど、 「シャー!」 は 言った ことがない。


他の子たちも、家のワルたちには 「シャー!」 は 言わない。

猫たちに対しては、みんな 友好的。

まおも、
「ご飯を早くちょうだい!」 と言う時に、私に 催促の 「シャー!」 を するだけ。


2011.08.23-2-27


部屋の引き戸を、この子たちが通れるくらい開けている時には、
本当に注意が必要だと思った。

特に、ゆうき と なお の ケージは、ドアがこちらを向いているからなぁ。

なおは、よく壁の部分に跳びついているから、余計に注意しないと・・・。

部屋の引き戸を開けている今は、玄関ドアが開いているのと同じ状態だから、
仕事に行っている間に 誰かが ケージから出てしまったら
家のワルたちのいる場所に出ることになり、大変なことになる。

なおが 自分からケージに 戻ってくれて 本当に よかった・・・。

同じことを 2度と繰り返さないように、保護部屋の ドアの対策も 早くしないと・・・。



夜が完全に明けて、朝になり、お昼になって・・・

遅い朝ご飯。

何もなかったかのように 元気な 朝ご飯コール。
2011.08.23-2-28
寝る前に、念のため、ドアを 養生テープで留めておいた。

まお も 早く食べたくて、ゆうきにご飯を置くと、自分も一緒に2段目に上がる。
ゆか に 先に置くと、「シャー!」 と 怒る。 以前の ゆかと 同じやね。

なお
2011.08.23-2-29
なおは、この頃では、
ご飯や、お水や、爪磨き等を入れるために ケージに手を入れると、
パン! と 軽くタッチしたり、甘噛みをするようになった。

まお
2011.08.23-2-30

ゆか
2011.08.23-2-31

ゆうき
2011.08.23-2-32

みんな なんとなく考えている感じがする・・・。

***************
この子たちが、相思相愛になれる大切な方に見つけていただけるよう、ランキングに参加しております。
↓ バナーをクリックして応援していただければ嬉しいです。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村
どうもありがとうございます!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:里親募集
ジャンル:ペット

コメント

大変でしたね

お疲れさまでした。

脱走防止の大切さと、人間はミスをするものなのだという事を改めて感じさせてくれる出来事ですね。

是非、それを里親募集の際にも里親さんに良く伝えて下さい。どうすれば人も猫も安全に安心して暮らせるか、間違ってもお外に出てしまうような事が避けられるか・・・そこがポイントですよね。

寝不足、大丈夫ですか?

かく言う私も、今は「ぎうぎう」です。でも頑張ります。

川口一惠様

お忙しい中、どうもありがとうございます。

5月に、ゆうきがケージから出てしまったことがあり(文中でリンクさせました)
それ以来、気をつけて、確認もしていたのですが、またやってしまいました。

ケージのドアを閉めたつもり が 実は閉めていなかったことは、
昨年、5歳のお転婆娘を迎えたときにもやっぱりありました。
だからこそ、二重、三重に対策をとる必要があるのですよね。
もう十分にお外で辛い思いをしてきたであろう この子たちには、
もう二度とお外の怖さは体験させたくありません。
募集にあたりましては、実際に脱走防止策をとっていただけるよう、
お願いいたします。

今は、家の中の「お外」(保護部屋の外)に出ないようにしなければ・・・。

本当は、
そろそろ ケージから出して、思いっきり走らせてやりたいのですが、
走れる部屋まで移動させるのが難しく、
また、家の子たちは、親分を筆頭に、
全員ワルで個性的で本当に面白いのですが、
「みんなで一緒に」 というタイプではないため、
鉢合わせした時の反応が読めず、
私1人では、なにかあったらと思うと怖くて
どうしても慎重になってしまっています。

本当に、毎日 時間の経過が速くて・・・。
朝になって横になった時点で、起きるまでにもう僅かしかなくて焦ります。
寝不足だと爪と髪の毛がすぐに伸びませんか?
切ったと思ったら、またもう伸びています。

川口さんも、寝不足の連続ですよね。
少しずつでも寝られるときにはどうかお休みになってくださいね。
みんなの大事なママですから!

やはりそうですか

寝不足だと髪も爪も早く伸びます!
夫も昔からそう言っております。

私なんか面倒くさいから、人類の頭に毛なんか生えていなくても良いのに・・・と思う事もあります。

我が家でもトリコロール隊がまだケージ暮らしだった頃、ケージのロックが甘くて(ケージが悪いのではなく、夫が甘かったのですが)、やはり室内に脱走していた事がありました。

人間て、本当にミスをする生き物なんです。どれだけ脱走してしまった家猫さんの保護の為に、捕獲器を貸出したか解りません。

玄関ドアを開けていた時に足元をすり抜けて出て行ったのに気付かなかったケースも多いですし、網戸を開けて、或いは体当たりしたのか外してしまってベランダに出て、そのままどこかへ行ってしまった・・・というケースも多いようです。

かつて私にとっての悪夢は、圧倒的に可愛い我が子が外に出ていた!というものが多かったです。

今は人間すら緊急脱出も出来ないような完全脱走防止をしているせいか、やっとそういう夢を見なくなりました。死なば猫たちと諸共・・・です。

外の生活は本当に厳しい・・・2度と戻したくないですね。お世話は大変だと思いますが、どうかお体に気をつけて頑張って下さい。子の子たちにとって一番良い結果を出しましょう。

川口一惠様

再びどうもありがとうございます。

やっぱり~。 そうなんですね。
父も睡眠時間が短くて、以前によくそう言っていたのですが、
それを実感しています。
お化粧をしない分、少しは時間が節約できているはずなのですが、
本当に時間が足りなくて・・・。

玄関ドアから出てしまうケース、多いですね。
他にも猫さんがいる場合には、
いつもドアや窓を開放しておくことはできないので、
家の近くにいても、なかなか入れないこともあるようで・・・。

猫同志の関係の中で馴染んで暮らすのがいい子と、
人間との濃厚な関係を望む子がいますよね。
家では、これまでずっと後者ばかりでしたので、
今回、猫同志の結びつきの強さに触れ、感動することも多いです。
本格的な里親様募集に向けて
この子たちにとってどんなお家がいいのか考えています。
本当に、それぞれの子にとって一番良い結果を出したいです!
非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
出逢いを待っている子たち

まお バナー まおちゃん 里親様内定しました。 なお バナー なおちゃん ゆか バナー ゆかちゃん ゆうき バナー ゆうちゃん      写真をクリックして紹介頁を見てね。

出逢いから保護 & 募集に至るまでの経緯

プロフィール

ramby

Author:ramby
京都市在住の「保護・里親様探し」&ブログ 初心者です。
2歳、2ヶ月半、5歳で迎えた、超ワルのキジトラトリオ(親分、びびりさん、豪快娘)と、いつかまたキジトラカルテットになるために戻ってきてくれる、1歳半で迎え、白血病キャリアで2009年7月21日5歳前で亡くなった大切な写真の子(ジル)と、毎日、ばたばたと楽しく暮らしていたところ・・・
思いがけず、おちびに出逢って、初めての保護。部屋分けをして「ななにん」と暮らすことになり、さらにドタバタの毎日になりました。
どうぞよろしくお願いいたします。

保護によって、「仲良し家族がみんな一緒」の生活を変えることになりました。全員が、人間の家族の温かな笑顔と愛情に包まれて幸せな毎日を送れる日まで頑張ります。

何もかも初めての連続で、戸惑いながら試行錯誤の毎日です。どんなに小さなことでもアドバイスいただければ嬉しいです。

保護後も、快適とは言えない環境の下で一生懸命に生きてきた日々やこの子たちの変化も順を追って見ていただきたくて、遅れながら書いております。

* 時間の経過順に 「カテゴリ」 に分類しておりますので、そちらからご覧いただく方が分かりやすいと思います。

* 内容に関係のないコメント等は、私の判断で表示させずに削除させていただきますのでご了承ください。 

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

大切なこと

dassouboushisaku_banner

Kitchen Cat *キッチン キャット*
ハーフチャリティショップ

No Fur banner

FC2カウンター

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。